WindowsでJupyterをインストールする方法

環境

Windows10
pip 9.0.1

その前にの「その前に」

コマンドプロンプトのデフォルトの文字コードはcp932(shift-jis)です。
cp932のままインストールするとエラーが起き、正常にインストールできないので「chcp」コマンドを使って65001(utf-8)に変えます。

C:\Users\Name>chcp 65001

これでコマンドプロンプト文字コードutf-8になりました。
以後、コマンドを実行するときは全てutf-8にして実行してください。
また、コマンドプロンプトを1度閉じてしまうと文字コードがリセットされるので、閉じた場合はもう1度上記のコマンドを実行してください。

その前に

すでにipythonやjupyterをインストールしている場合は1度アンインストールしておきます。
もしかしたら「pip uninstall jupyter」でアンインストールしたから大丈夫!って方もいらっしゃるかも知れません。
ですが、「pip uninstall jupyter」でアンインストールしても「jupyter」を実行すると実行されると思います。(されなければ問題ないです)

C:\Users\Name>pip uninstall jupyter -y
Uninstalling jupyter-1.0.0:
  Successfully uninstalled jupyter-1.0.0

アンインストールしても・・・

C:\Users\Name>jupyter
usage: jupyter [-h] [--version] [--config-dir] [--data-dir] [--runtime-dir]
               [--paths] [--json]
               [subcommand]
jupyter: error: one of the arguments --version subcommand --config-dir --data-dir --runtime-dir --paths is required

なぜか生きてる!

消し去るために「pip-autoremove」を使ってアンインストールします。
stackoverflow.com
pip-autoremoveはパッケージに依存しているファイルを消してくれる便利なものです。

  • pip-autoremoveをインストール
C:\Users\Name>pip install pip-autoremove

完全に消すために1度インストールします。

C:\Users\Name>pip install -U jupyter

そして、アンインストールします。

  • pip-autoremoveを使ってjupyterなどをアンインストール
C:\Users\Name>pip-autoremove jupyter -y

すると、コマンドプロンプトにjupyterが実行できなくなりました。

'jupyter' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

インストール手順

  • jupyterをインストールします
C:\Users\Name>pip install -U jupyter

インストールできました。

C:\Users\Name>jupyter notebook

でブラウザにJupyterが立ち上がったと思います。

もし、

No module named 'markupsafe._compat'

とエラーが出た場合は以下を試してみてください。

調べてみると
「markup safe」が必要なのでインストールします。
github.com

C:\Users\Name>pip install -U markup safe

インストールできたので実行しましょう。

C:\Users\Name>jupyter notebook

すると、ブラウザにjupyterが立ち上がったと思います。

これでJupyterを使ってPythonを楽しむことができます。